NEW! 2022.6.26 主日礼拝の案内

2022.6.26 主日礼拝の案内
週 報  77  巻  26  号   2022.6.26

神はこのようなことを行う者を正しくお裁きになると、

わたしたちは知っています。(ローマの信徒への手紙2章2節)

 
主 日 礼 拝      午前 10:30
奏楽 岩 本 道 子

 
<神の招き>
招 詞  ローマの信徒への手紙12章1節
1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。
 
*讃 詠  546

*罪の告白と赦し 交読詩編147編15節~20節

*讃美歌  11

 
<神の言葉>
聖 書

詩編110編1節~7節(旧約P.952)
1【ダビデの詩。賛歌。】
わが主に賜った主の御言葉。
「わたしの右の座に就くがよい。
わたしはあなたの敵をあなたの足台としよう。」
2 主はあなたの力ある杖をシオンから伸ばされる。
敵のただ中で支配せよ。
3 あなたの民は進んであなたを迎える
聖なる方の輝きを帯びてあなたの力が現れ
曙の胎から若さの露があなたに降るとき。
4 主は誓い、思い返されることはない。
「わたしの言葉に従って
あなたはとこしえの祭司
メルキゼデク(わたしの正しい王)。」
5 主はあなたの右に立ち
怒りの日に諸王を撃たれる。
6 主は諸国を裁き、頭となる者を撃ち
広大な地をしかばねで覆われる。
7 彼はその道にあって、大河から水を飲み
頭を高く上げる。
ローマの信徒への手紙2章1節~5節(新約P.274)

1 だから、すべて人を裁く者よ、弁解の余地はない。あなたは、他人を裁きながら、実は自分自身を罪に定めている。あなたも人を裁いて、同じことをしているからです。 
2 神はこのようなことを行う者を正しくお裁きになると、わたしたちは知っています。 
3 このようなことをする者を裁きながら、自分でも同じことをしている者よ、あなたは、神の裁きを逃れられると思うのですか。
 4 あるいは、神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。
 5 あなたは、かたくなで心を改めようとせず、神の怒りを自分のために蓄えています。この怒りは、神が正しい裁きを行われる怒りの日に現れるでしょう。
 
祈 り                  安 井 国 雄

*讃美歌  85

 
説  教

「あなたは神の憐みを軽んじるのですか?」 鈴木 美津子
 
<神への応答>
*讃美歌   358

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄  543

*派遣と祝福

*後 奏

 
礼拝当番

(今週)伊木美穂子

(次週)安井国雄

献金当番

(今週)森﨑千恵 國見照子

(次週)野田昭子 大嶋幸子

ライブ配信当番

(今週)新畑 信

(次週)小出 勝

NEW! 2022.6.19 主日礼拝の案内

2022.6.19 主日礼拝の案内
週 報  77 巻  25  号 2022.6.19

彼らは神を認めようとしなかったので、神は彼らを無価値な思いに渡され、そのため、彼らはしてはならないことをするようになりました。

(ローマの信徒への手紙1章28節)

主 日 礼 拝  午前 10:30
奏楽 板 垣 玲 子

 
<神の招き>
招 詞  ローマの信徒への手紙12章1節
1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。
 
*讃 詠  545B

*罪の告白と赦し 交読詩編147編12節~14節

*讃美歌  70

 
<神の言葉>
聖 書

イザヤ書57章1節~4節  (旧約P.1154)
1 神に従ったあの人は失われたが
だれひとり心にかけなかった。
神の慈しみに生きる人々が取り去られても
気づく者はない。
神に従ったあの人は、さいなまれて取り去られた。
2 しかし、平和が訪れる。
真実に歩む人は横たわって憩う。
3 お前たち、女まじない師の子らよ
姦淫する男と淫行の女との子孫よ
ここに近づくがよい。
4 お前たちは誰を快楽の相手とするのか。
誰に向かって大口を開き、舌を出すのか。
お前たちは背きの罪が産んだ子ら
偽りの子孫ではないか。
ローマの信徒への手紙1章24節~32節(新約P.274)

24 そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。 
25 神の真理を偽りに替え、造り主の代わりに造られた物を拝んでこれに仕えたのです。造り主こそ、永遠にほめたたえられるべき方です、アーメン。 
26 それで、神は彼らを恥ずべき情欲にまかせられました。女は自然の関係を自然にもとるものに変え、 
27 同じく男も、女との自然の関係を捨てて、互いに情欲を燃やし、男どうしで恥ずべきことを行い、その迷った行いの当然の報いを身に受けています。 
28 彼らは神を認めようとしなかったので、神は彼らを無価値な思いに渡され、そのため、彼らはしてはならないことをするようになりました。 
29 あらゆる不義、悪、むさぼり、悪意に満ち、ねたみ、殺意、不和、欺き、邪念にあふれ、陰口を言い、 
30 人をそしり、神を憎み、人を侮り、高慢であり、大言を吐き、悪事をたくらみ、親に逆らい、 
31 無知、不誠実、無情、無慈悲です。
 32 彼らは、このようなことを行う者が死に値するという神の定めを知っていながら、自分でそれを行うだけではなく、他人の同じ行為をも是認しています。
 
祈 り                森 﨑 千 恵

*讃美歌  86                                                                                                                                           説  教 「罪は留まるところを知らない」鈴木 美津子
 
<神への応答>
*讃美歌   252

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄  542

*派遣と祝福

*後 奏

 
礼拝当番

(今週)野田昭子

(次週)伊木美穂子

 
献金当番

(今週)薄田東正  青木節子

(次週)森﨑千恵 國見照子

 
ライブ配信当番

(今週)小出 勝

(次週)新畑 信

2022.6.12 主日礼拝の案内

2022.6.12 主日礼拝の案内
週 報77巻24号  2022.6.12
なぜなら、神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです。   (ローマの信徒への手紙1章21節)

 
主 日 礼 拝      午前 10:30
奏楽 岩 本 道 子

 
<神の招き>
招 詞  ローマの信徒への手紙12章1節

こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。

*讃 詠  545A

*罪の告白と赦し 交読詩編147編8節~11節

*讃美歌  67

 
<神の言葉>
聖 書

詩編19編2節~7節  (旧約P.850)
2 天は神の栄光を物語り
大空は御手の業を示す。
3 昼は昼に語り伝え
夜は夜に知識を送る。
4 話すことも、語ることもなく
声は聞こえなくても
5 その響きは全地に
その言葉は世界の果てに向かう。
そこに、神は太陽の幕屋を設けられた。
6 太陽は、花婿が天蓋から出るように
勇士が喜び勇んで道を走るように
7 天の果てを出で立ち
天の果てを目指して行く。
その熱から隠れうるものはない。
ローマの信徒への手紙1章18節~23節(新約P.274)

18 不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。 
19 なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。
 20 世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。 
21 なぜなら、神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです。 
22 自分では知恵があると吹聴しながら愚かになり、 
23 滅びることのない神の栄光を、滅び去る人間や鳥や獣や這うものなどに似せた像と取り替えたのです。
 
祈 り                三 浦 勇 二

*讃美歌  492

 
説  教  「神の怒り」     鈴木 美津子
 
<神への応答>
*讃美歌   90

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄  541

*派遣と祝福

*後 奏

 
礼拝当番

(今週)増田裕子

(次週)野田昭子

 
献金当番

(今週)伊木美穂子 鈴木惠子

(次週)薄田東正  青木節子

 
ライブ配信当番

(今週)新畑 信

(次週)小出 勝

2022.6.5 主日礼拝の案内

2022.6.5 主日礼拝の案内
週 報  77 巻  23  号  2022.6.5
「わたしは、お前たちの上に筋をおき、肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは

生き返る。そして、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。」

(エゼキエル書37章5節)

主 日 礼 拝      午前 10:30
< ペンテコステ合同礼拝・聖餐式 >
奏楽 三  輪  志  都

 
<神の招き>
招 詞 ヨエル書3章1節
その後
わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
あなたたちの息子や娘は預言し
老人は夢を見、若者は幻を見る。
 
*讃 詠  546

*罪の告白と赦し 交読詩編147編1節~7節

*讃美歌  66

 
<神の言葉>
聖 書

エゼキエル書37章1節~14節 (旧約P.1357)
1主の手がわたしの上に臨んだ。わたしは主の霊によって連れ出され、ある谷の真ん中に降ろされた。そこは骨でいっぱいであった。
 2主はわたしに、その周囲を行き巡らせた。見ると、谷の上には非常に多くの骨があり、また見ると、それらは甚だしく枯れていた。 
3そのとき、主はわたしに言われた。「人の子よ、これらの骨は生き返ることができるか。」わたしは答えた。「主なる神よ、あなたのみがご存じです。」
 4そこで、主はわたしに言われた。「これらの骨に向かって預言し、彼らに言いなさい。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。 
5これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。 
6わたしは、お前たちの上に筋をおき、肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。そして、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。」
7わたしは命じられたように預言した。わたしが預言していると、音がした。見よ、カタカタと音を立てて、骨と骨とが近づいた。 
8わたしが見ていると、見よ、それらの骨の上に筋と肉が生じ、皮膚がその上をすっかり覆った。しかし、その中に霊はなかった。
 9主はわたしに言われた。「霊に預言せよ。人の子よ、預言して霊に言いなさい。主なる神はこう言われる。霊よ、四方から吹き来れ。霊よ、これらの殺されたものの上に吹きつけよ。そうすれば彼らは生き返る。」
10わたしは命じられたように預言した。すると、霊が彼らの中に入り、彼らは生き返って自分の足で立った。彼らは非常に大きな集団となった。
11主はわたしに言われた。「人の子よ、これらの骨はイスラエルの全家である。彼らは言っている。『我々の骨は枯れた。我々の望みはうせ、我々は滅びる』と。 
12それゆえ、預言して彼らに語りなさい。主なる神はこう言われる。わたしはお前たちの墓を開く。わが民よ、わたしはお前たちを墓から引き上げ、イスラエルの地へ連れて行く。 
13わたしが墓を開いて、お前たちを墓から引き上げるとき、わが民よ、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。 
14また、わたしがお前たちの中に霊を吹き込むと、お前たちは生きる。わたしはお前たちを自分の土地に住まわせる。そのとき、お前たちは主であるわたしがこれを語り、行ったことを知るようになる」と主は言われる。
 
使徒言行録2章1節~4節  (新約P.214)

1五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
 2突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。 
3そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。 
4すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
 
祈 り

*讃美歌 (21)342

 
説  教  「枯れた骨さえも」鈴木 美津子
 
<神への応答>
*讃美歌 (21)390

*日本キリスト教会 信仰の告白

聖餐式 (21)81

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄  540

*派遣と祝福

*後 奏

 
聖餐補佐

伊木、三浦、増田、森﨑、松谷

 
礼拝当番

(今週)菊地晴子

(次週)岩本道子

 
献金当番

(今週)松谷信司 安井英子

(次週)伊木美穂子 鈴木惠子

 
ライブ配信当番

(今週)小出 勝

(次週)新畑 信

2022.5.29 主日礼拝の案内

2022.5.29 主日礼拝の案内
週 報 77  巻 22  号   2022.5.29
わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。

(ローマの信徒への手紙1章16節)

主 日 礼 拝   午前 10:30
奏楽 加 藤 純 子

 
<神の招き>
 
招 詞 ヨエル書3章1節
その後
わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
あなたたちの息子や娘は預言し
老人は夢を見、若者は幻を見る。
*讃 詠  545B

*罪の告白と赦し 交読詩編146編6節b~10節

*讃美歌  61

 
<神の言葉>
 
聖 書

ハバクク書2章1節~4節  (旧約P.1465)
1 わたしは歩哨の部署につき
砦の上に立って見張り
神がわたしに何を語り
わたしの訴えに何と答えられるかを見よう。
2 主はわたしに答えて、言われた。
「幻を書き記せ。
走りながらでも読めるように
板の上にはっきりと記せ。
3 定められた時のために
もうひとつの幻があるからだ。
それは終わりの時に向かって急ぐ。
人を欺くことはない。
たとえ、遅くなっても、待っておれ。
それは必ず来る、遅れることはない。
4 見よ、高慢な者を。
彼の心は正しくありえない。
しかし、神に従う人は信仰によって生きる。」
 
ローマの信徒への手紙1章16節~17節(新約P.273)

16 わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。
 17 福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。
祈 り                 松 谷 信 司

*讃美歌  276

 
説  教 「ただ信仰によってのみ生きる」    鈴木 美津子

 
<神への応答>

*讃美歌  284

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄  539

*派遣と祝福

*後 奏

 
礼拝当番
(今週)済陽高志

(次週)菊地晴子

 
献金当番
(今週)岩本道子 白川典子

(次週)松谷信司 安井英子

 
ライブ配信当番
(今週)薄田東正

(次週)小出 勝

2022.5.22 主日礼拝の案内

2022.5.22 主日礼拝の案内
週 報 77  巻 21 号  2022.5.22
わたしは、ギリシア人にも未開の人にも、知恵のある人にもない人にも、果たすべき責任があります。  (ローマの信徒への手紙1章14節)

 
主 日 礼 拝   午前 10:30
奏楽 板 垣 玲 子

 
<神の招き>
招 詞 ヨエル書3章1節
1その後
わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
あなたたちの息子や娘は預言し
老人は夢を見、若者は幻を見る。
*讃 詠  545A

*罪の告白と赦し 交読詩編146編1節~6節a

*讃美歌  62

 
<神の言葉>
聖 書 サムエル記下12章1節~6節  (旧約P.496)
1主はナタンをダビデのもとに遣わされた。ナタンは来て、次のように語った。
「二人の男がある町にいた。
一人は豊かで、一人は貧しかった。
2豊かな男は非常に多くの羊や牛を持っていた。
3貧しい男は自分で買った一匹の雌の小羊のほかに
何一つ持っていなかった。
彼はその小羊を養い
小羊は彼のもとで育ち、息子たちと一緒にいて
彼の皿から食べ、彼の椀から飲み
彼のふところで眠り、彼にとっては娘のようだった。
4ある日、豊かな男に一人の客があった。
彼は訪れて来た旅人をもてなすのに
自分の羊や牛を惜しみ
貧しい男の小羊を取り上げて
自分の客に振る舞った。」
5ダビデはその男に激怒し、ナタンに言った。「主は生きておられる。そんなことをした男は死罪だ。 6小羊の償いに四倍の価を払うべきだ。そんな無慈悲なことをしたのだから。」
 
ローマの信徒への手紙1章13節~15節(新約P.273)

 13兄弟たち、ぜひ知ってもらいたい。ほかの異邦人のところと同じく、あなたがたのところでも何か実りを得たいと望んで、何回もそちらに行こうと企てながら、今日まで妨げられているのです。
 14わたしは、ギリシア人にも未開の人にも、知恵のある人にもない人にも、果たすべき責任があります。 
15それで、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたいのです。
 
祈 り              増 田 裕 子

*讃美歌 321                                                                                                                                       説  教 「キリスト者の責任」    鈴木 美津子
 
<神への応答>
*讃美歌 215

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄 544

*派遣と祝福

*後 奏

 
礼拝当番

(今週)森﨑千恵

(次週)済陽高志

 
献金当番

(今週)加藤純子 吉田さとみ

(次週)岩本道子 白川典子

 
ライブ配信当番

(今週)小出 勝

(次週)薄田東正