NEW! 2022.1.16 主日礼拝の案内

2022.1.16 主日礼拝の案内
週 報 77 巻 3 号 2022.1.16
そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。このようなことが

起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。」

(ルカによる福音書21章27節—28節)

 
主 日 礼 拝   午前 10:30
 
奏楽 岩 本 道 子

 
<神の招き>
招 詞  イザヤ書42章1 節a

*讃 詠   545B

*罪の告白と赦し 交読詩編128編1~6節

*讃美歌  80〔1-2〕

 
<神の言葉>
聖 書    ダニエル書9章24節~27節(旧約P. 1397)
24 お前の民と聖なる都に対して
七十週が定められている。
それが過ぎると逆らいは終わり
罪は封じられ、不義は償われる。
とこしえの正義が到来し
幻と預言は封じられ
最も聖なる者に油が注がれる。
 25 これを知り、目覚めよ。
エルサレム復興と再建についての
御言葉が出されてから
油注がれた君の到来まで
七週あり、また、六十二週あって
危機のうちに広場と堀は再建される。
26 その六十二週のあと油注がれた者は
不当に断たれ
都と聖所は
次に来る指導者の民によって荒らされる。
その終わりには洪水があり
終わりまで戦いが続き
荒廃は避けられない。
27 彼は一週の間、多くの者と同盟を固め
半週でいけにえと献げ物を廃止する。
憎むべきものの翼の上に荒廃をもたらすものが座す。そしてついに、定められた破滅が荒廃の上に注がれる。」
ルカによる福音書21章20節~28節(新約P.152)
20 「エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい。 
21 そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。都の中にいる人々は、そこから立ち退きなさい。田舎にいる人々は都に入ってはならない。 
22  書かれていることがことごとく実現する報復の日だからである。 
23  それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。この地には大きな苦しみがあり、この民には神の怒りが下るからである。 
24 人々は剣の刃に倒れ、捕虜となってあらゆる国に連れて行かれる。異邦人の時代が完了するまで、エルサレムは異邦人に踏み荒らされる。」
人の子が来る
25 「それから、太陽と月と星に徴が現れる。地上では海がどよめき荒れ狂うので、諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。 
26 人々は、この世界に何が起こるのかとおびえ、恐ろしさのあまり気を失うだろう。天体が揺り動かされるからである。 
27 そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。 
28 このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。」
祈 り              加 藤 純 子
 
*讃美歌  504〔1-2〕

 
説  教 「天体が揺り動かされる」   三 輪 地 塩
 
<神への応答>
*讃美歌  196〔1-2〕

*使徒信条

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄   539

*派遣と祝福

*後 奏

 
[*] の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は

お座りのままでどうぞ。

 
礼拝当番
(今週)森﨑千恵

(次週)済陽高志

献金当番
(今週)増田裕子 菊地晴子

(次週)加藤純子  大島幸子

ライブ配信当番
(今週)小出 勝

(次週)新畑 信

 

2022.1.9 主日礼拝の案内

NEW! 2022.1.9 主日礼拝の案内
週 報 77巻 2号 2022.1.9
「忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。」

(ルカによる福音書21章19節)

主 日 礼 拝   午前 10:30
<聖 餐 式>
奏楽 板 垣 玲 子

<神の招き>
招 詞  イザヤ書42章1 節a

*讃 詠   545A

聖 書  詩編46編1~12節   (旧約P.880)

日曜学校説教「神はわたしたちの砦」 岩 本 道 子

*讃美歌  465〔1-2〕

 
<神の言葉

 
聖 書
イザヤ書19章16節~17節(旧約P. 1089)
16  その日には、エジプトは女のように弱くなり、万軍の主が振りかざされる御手に恐れおののく。 
17  ユダの地は、エジプトを混乱に陥れるものとなる。それを思わせるものは何であれ、エジプトを恐れさせる。万軍の主がエジプトに対して事を謀られるからである。
 
ルカによる福音書21章7節~19節(新約P.151)
そこで、彼らはイエスに尋ねた。「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。また、そのことが起こるときには、どんな徴があるのですか。」 
イエスは言われた。「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』とか、『時が近づいた』とか言うが、ついて行ってはならない。
戦争とか暴動のことを聞いても、おびえてはならない。こういうことがまず起こるに決まっているが、世の終わりはすぐには来ないからである。」 
10  そして更に、言われた。「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。 
11  そして、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴が天に現れる。 
12  しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。 
13  それはあなたがたにとって証しをする機会となる。 
14  だから、前もって弁明の準備をするまいと、心に決めなさい。 
15どんな反対者でも、対抗も反論もできないような言葉と知恵を、わたしがあなたがたに授けるからである。 
16あなたがたは親、兄弟、親族、友人にまで裏切られる。中には殺される者もいる。 
17  また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。 
18  しかし、あなたがたの髪の毛の一本も決してなくならない。 
19  忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。」
 
祈 り
*讃美歌  195〔1-2〕

 
説  教 「忍耐によって命を勝ち取れ」
三 輪 地 塩

 
<神への応答>
 
*讃美歌  239〔1-2〕

   聖餐式  203

 
公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄   544

*派遣と祝福

*後 奏

 
聖餐補佐
松谷、三浦、森﨑、安井

 
礼拝当番
(今週)松谷信司 (次週)森﨑千恵

 
献金当番
(今週)野田昭子 吉田さとみ

(次週)増田裕子 菊地晴子

 
ライブ配信当番
(今週)新畑 信(次週)小出 勝

NEW! 2022.1.2 主日礼拝の案内

2022.1.2 主日礼拝の案内
週 報 77  巻  1  号  2022.1.2
「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに

他の石の上に残ることのない日が来る。」(ルカによる福音書21章6節)

主 日 礼 拝   午前 10:30
<新 年 礼 拝>
奏楽 三 輪 志 都

 
<神の招き>
 
招 詞 イザヤ書42章1 節a

*讃 詠   546

*罪の告白と赦し 交読詩編126編1節~6節

*讃美歌  77〔1-2〕

 
<神の言葉>
 
聖 書
列王記上8章27節~32節(旧約P. 561)
27 神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天もあなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません。 
28 わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。 
29 そして、夜も昼もこの神殿に、この所に御目を注いでください。ここはあなたが、『わたしの名をとどめる』と仰せになった所です。この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください。 
30 僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。 
31 もしある人が隣人に罪を犯し、呪いの誓いを立てさせられるとき、その誓いがこの神殿にあるあなたの祭壇の前でなされるなら、 
32 あなたは天にいましてこれに耳を傾け、あなたの僕たちを裁き、悪人は悪人として、その行いの報いを頭にもたらし、善人は善人として、その善い行いに応じて報いをもたらしてください。
 
ルカによる福音書21章5節~6節(新約P.151)
5 ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していると、イエスは言われた。 
6 「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。」
祈 り

*讃美歌  Ⅱ136〔1-2〕

 
説  教 「まことの神殿」   三 輪 地 塩

 
<神への応答>
 
*讃美歌  213〔1-2〕

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄   543

*派遣と祝福

*後 奏

 
「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は

お座りのままでどうぞ。

 
礼拝当番
(今週)三浦勇二

(次週)松谷信司

 
献金当番
(今週)安井国雄 済陽高志

(次週)野田昭子 吉田さとみ

 
ライブ配信当番
(今週)小出 勝 (次週)新畑 信

NEW! 2021.12.26 主日礼拝の案内

2021.12.26 主日礼拝の案内
週 報 76 巻 52 号 2021.12.26
あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」   (ルカによる福音書21章4節)

 
主 日 礼 拝   午前 10:30
奏楽 加 藤 純 子

 
<神の招き>
招 詞 イザヤ書42章1 節a

*讃 詠   545B

 
 聖  書  ルカによる福音書2章22節~38節(新約.103)
22さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。 
23それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。 
24また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。
25そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。 
26そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。 
27シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。 
28シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。
29「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
この僕を安らかに去らせてくださいます。
30わたしはこの目であなたの救いを見たからです。
31これは万民のために整えてくださった救いで、
32異邦人を照らす啓示の光、
あなたの民イスラエルの誉れです。」
33父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。 
34シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。 
35――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」
36また、アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、 
37夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、 
38そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。
日曜学校説教 「シメオンとアンナ」  伊木 美穂子

*讃美歌  454〔1-2〕

 
<神の言葉>
 
聖 書 列王記上17章8節~16節 (旧約P. 561)
 
8また主の言葉がエリヤに臨んだ。 
9「立ってシドンのサレプタに行き、そこに住め。わたしは一人のやもめに命じて、そこであなたを養わせる。」 
10彼は立ってサレプタに行った。町の入り口まで来ると、一人のやもめが薪を拾っていた。エリヤはやもめに声をかけ、「器に少々水を持って来て、わたしに飲ませてください」と言った。 
11彼女が取りに行こうとすると、エリヤは声をかけ、「パンも一切れ、手に持って来てください」と言った。 
12彼女は答えた。「あなたの神、主は生きておられます。わたしには焼いたパンなどありません。ただ壺の中に一握りの小麦粉と、瓶の中にわずかな油があるだけです。わたしは二本の薪を拾って帰り、わたしとわたしの息子の食べ物を作るところです。わたしたちは、それを食べてしまえば、あとは死ぬのを待つばかりです。」 
13エリヤは言った。「恐れてはならない。帰って、あなたの言ったとおりにしなさい。だが、まずそれでわたしのために小さいパン菓子を作って、わたしに持って来なさい。その後あなたとあなたの息子のために作りなさい。 
14なぜならイスラエルの神、主はこう言われる。
主が地の面に雨を降らせる日まで
壺の粉は尽きることなく
瓶の油はなくならない。」
15やもめは行って、エリヤの言葉どおりにした。こうして彼女もエリヤも、彼女の家の者も、幾日も食べ物に事欠かなかった。 
16主がエリヤによって告げられた御言葉のとおり、壺の粉は尽きることなく、瓶の油もなくならなかった。
 
ルカによる福音書21章1節~4節(新約P.151)
 
1イエスは目を上げて、金持ちたちが賽銭箱に献金を入れるのを見ておられた。 
2そして、ある貧しいやもめがレプトン銅貨二枚を入れるのを見て、 
3言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。 
4あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」
 
祈 り          増 田 裕 子

 
*讃美歌  532〔1-2〕

 
説  教 「レプトン銅貨2枚」    三 輪 地 塩
 
<神への応答>
*讃美歌   534〔1-2〕

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄   542

*派遣と祝福

*後 奏

「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は

お座りのままでどうぞ。

礼拝当番
(今週)安井国雄

(次週)三浦勇二

献金当番
(今週)三浦勇二 國見照子

(次週)安井国雄 済陽高志

ライブ配信当番
(今週)新畑 信 (次週)小出 勝

 
 

2021.12.19 主日礼拝の案内

2021.12.19 主日礼拝の案内
週 報  76 巻  51 号  2021.12.19
彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。(マタイによる福音書2章9節~10節)

主 日 礼 拝         午前  10:30
 <アドベントⅣ・クリスマス合同礼拝・聖餐式>
奏楽  板 垣 玲 子

 
 <神の招き>
招 詞    ローマの信徒への手紙12章1節
キリストにおける新しい生活
1こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。
*讃 詠     545A

*罪の告白と赦し 交読詩編 124編6節~8節

 
*讃美歌     107〔1-2〕

 
<神の言葉>
聖 書
イザヤ書9章5節~6節  (旧約 P.1074)
5ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。
6ダビデの王座とその王国に権威は増し
平和は絶えることがない。
王国は正義と恵みの業によって
今もそしてとこしえに、立てられ支えられる。
万軍の主の熱意がこれを成し遂げる。
マタイによる福音書2章1節~12節  (新約 P.2)
占星術の学者たちが訪れる
1イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、 
2言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」 
3これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。 
4王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。 
5彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
6『ユダの地、ベツレヘムよ、
お前はユダの指導者たちの中で
決していちばん小さいものではない。
お前から指導者が現れ、
わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
7そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。 
8そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。
 9彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。 
10学者たちはその星を見て喜びにあふれた。 
11家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。 
12ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。
 
祈 り
*讃美歌      112〔1-2〕

説 教     「占星術の学者たち」      三 輪 地 塩
 
<神への応答>
*讃美歌      103〔1-2〕

聖餐式      204〔1-4〕

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄      541

*派遣と祝福

*後 奏

聖餐補佐 森﨑、安井、伊木、加藤、増田

「*」この箇所は起立して行いますが、

立つのが困難な方はお座りのままでどうぞ。

 
礼拝当番
(今週)野田昭子

(次週)安井国雄

 
献金当番
(今週)森﨑千恵 伊木美穂子

(次週)三浦勇二 國見照子

 
ライブ配信担当
(今週)新畑 信

(次週)新畑 信

2021.12.12 主日礼拝の案内

2021.12.12 主日礼拝の案内
週 報 76 巻 50 号  2021.12.12
ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。(ルカによる福音書2章6節~7節)

主 日 礼 拝   午前 10:30
 
< アドベントⅢ >
奏楽 三 輪 志 都

 
<神の招き>
 
招 詞 ローマの信徒への手紙 12章1節
キリストにおける新しい生活
1こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。
 
*讃 詠   546

 
*聖 書  ルカによる福音書2章8節~20節(新約.103)
羊飼いと天使
8その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
9すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。 
10天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。 
11今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 
12あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」 
13すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
14「いと高きところには栄光、神にあれ、
地には平和、御心に適う人にあれ。」
15天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。 
16そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。 
17その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。 
18聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。 
19しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。 
20羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。
21八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。
 
日曜学校説教 「天使、羊飼いに現れる」 加 藤 純 子
 
*讃美歌  115

 
<神の言葉>
 
聖 書
 
 
イザヤ書7章14節     (旧約P. 1071)
14それゆえ、わたしの主が御自ら
あなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み
その名をインマヌエルと呼ぶ。
 
 
ルカによる福音書2章1節~7節(新約P.102)
イエスの誕生
1そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。 
2これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。 
3人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。 
4ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。 
5身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。 
6ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、 
7初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。
 
祈 り           安 井 国 雄

 
*讃美歌 114

 
 説  教 「イエスの誕生」   三 輪 地 塩
 
<神への応答>
 
*讃美歌  111

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄   540

*後 奏

「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は

お座りのままでどうぞ。

 
礼拝当番(今週)増田裕子 (次週)野田昭子

献金当番(今週)安井英子

(次週)森﨑千恵 伊木美穂子

ライブ配信当番(今週)小出 勝 (次週)新畑 信