2019.6.30の礼拝予定

主 日 礼 拝  午前 10:30 
             奏楽   加 藤 純 子
 <神の招き>
招 詞  ローマの信徒への手紙121
*讃 詠  (21)83
*罪の告白と赦し 交読詩編1431節~6
*讃美歌  (21)13[13]
 
<神の言葉>
聖 書 レビ記191節~8節       (旧約P.191
    ペトロの手紙一113節~21節 (新約P.428                            

祈 り                    増 田 裕 子

*讃美歌  (21)474

  教 「地上に仮住まいする身として」 三 輪 地 塩                                        

<神への応答>
*讃美歌  (21)449
*使徒信条
 公 告
*献金感謝
*主の祈り (座席前そなえつけ)
*頌 栄  (21)46
*派遣と祝福

後 奏                 

「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は
お座りのままでどうぞ。
 
礼拝当番(今週)三浦、薄田、菊地洋、菊池淑
       (次週)安井、野田、國久、國見
掃除当番今週)薄田、青木、志賀、越智
         藤沢、加藤純
    (次週)河野武郎、安井英、大嶋
        菊池淑、栗原、島口
 
*礼拝・掃除当番が困難な方は遠慮なくお申出ください。

2019.6.30~7.6 今週の集会

今 週 の 集 会
◎祈祷題「神学生のため」
 
〇聖書の学びと祈りの会           4日()10:00
  歴代誌下3章(担当 三輪地塩)     司会 増 田 裕 子
 
〇「生」と「死」の学び        担当 増 田 裕 子
 (三浦綾子著「泉への招待」P.233238) 同 上 
 
〇聖書の学びと祈りの会               4日()14:00
 詩編84編               担当 大 和 文 彦
 
牧師予定】
〇立教大学講義 2()、聖学院大学講義 3(水)

2019.6.30のお知らせ

◇過日、住所録を配布いたしましたが、更に変更などありましたら、6月中に 書記森﨑千恵までお申出ください。
 
エレベーターのボタンについて
 エレベーターに乗る際、♿(車椅子)のマーク下のボタン
 を押していただくと、ドアの開閉が遅くなりますので、
 ご利用下さい。(従来のボタンは塞いであります。)
 
【「聖書・教理の公開講座」ご案内】
71() 19002030 鶴見教会
  新約聖書・その他の書簡と黙示録  講師:住谷眞牧師
 ②72() 19002030  鶴見教会
 教理・終末論  講師:澤正幸牧師

2018.11.25の説教から

<2018年1125日の説教から>
       
      『「ぶどう園」と「農夫」のたとえ
       マルコによる福音書121節~12
                     牧師 三輪地塩
 
 主イエスの譬え話。「主人はこのぶどう園を農夫たちに貸して、しばらく旅に出」て「収穫の時期になったので収穫物を受け取るために、しもべを農夫たちのところへ送った」とあるが、これは当時度々見られた光景ではある。収穫物を受け取るためにしもべを何度も送ったが、農夫たちは何度も追い返してしまうのであった。主人は、「愛する息子」を最後に送ったが、殺されたしまったという。
 
 この譬え話しは、祭司・律法学者たちの頑なな心を暴き出そうとしている。何度も送られた「しもべ」は、この世に送られた「預言者たち」を意味している。これまで何度も旧約の預言者が神の言葉を伝えてきたが、人々はそれらをことごとく拒否し続けてきた。
 
 しかし主人は意外な行動に出る。「この息子なら敬ってくれるだろう」と言って、愛する息子を送ったのだ。主人が求めているのは、ぶどう園を奪還することではなく、「主人への敬い」「主人の権威の回復」である。主人に愛され、主人から信頼されたからこそ、この農夫たちは、ぶどう園を任された。だからそれを今一度思い起こして欲しい。息子の姿、息子の言葉を聞いて、あの従順だった農夫の頃を思い起こして欲しい、という願いこそが、愛する息子を送り出した理由なのであった。
 
 ここで思い起こされるのは、神とイスラエルとの関係の修復である。「私は主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」という思い起こし、である。この世において、主体は神にあること。そして我々が欲すべきは、人間の権利、人間の権威から離れ、神の下に立ち返ることである。
 
 ここで主イエスは、語調を強めてぶどう園の農夫の話をしている。その根源には、神の愛と、神がなさるであろう赦しが語られている。だからこそ立ち返りなさい、と。神殿祭儀を我が物としているユダヤの宗教者たちに対し、その権威と権力は、あなたのものではない事に気づきなさい。そして立ち返りなさい、と、主イエスは語る。神は、人間の罪からも、神の祝福へと導かれる。捨てた方を親石としてそこに礎を築かれる、と言って締めくくる。ここに示された神の愛。我々に対する「それでも罪人を捨て置かれない」というなさり方に目を向け、心を開き、神への立ち返りを、いよいよ強めていきたい。

2018.11.18の説教から

<2018年1118日の説教から>
 『神の権威か人間の権威か
 
      マルコによる福音書1127節~33
                 
                            牧師 三輪地塩
   イエスの権威を否定しようとする祭司・律法学者たち 
は、イエスに「何の権威があるのか」と問う。
イエスは「ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それと
も人からのものだったか答えなさい」と、律法学者たちに
逆質問をした。
これは律法学者たちを悩ませた。洗礼者ヨハネは、民衆か 
ら好かれていたし、信仰復興・宗教改革者としても十分な 
働きと実力を備えた人である。この彼の洗礼運動が「神が 
与えたものだ」とすれば、律法学者たちは何故それに従わ 
ないのか、と責められるし、逆に「ヨハネが勝手にやり始 
めたことだ」と答えれば、民衆を敵に回してしまう。
 この絶妙な質問によって、律法学者は何も答えられなく 
なるのであった。重要なのは、「彼らは群衆が怖かった。 
皆が、ヨハネは本当に預言者だと思っていたからである」 
という一節である。つまり律法学者たちの権威が、人への 
恐れから来ている事が示される。「神の」の御心を問うべ 
き彼らが、「人間の」顔色をうかがっていたのである。 
 イエスの質問はこのことを暴露するものとなった。祭司 
長・律法学者たちは、神のみを畏れるという一番大切な任 
務を放棄し、つまり「彼らの権威の出発点を放棄した」の 
だ。
 イエスはゲツセマネの祈りの中で、「この苦しみの杯を 
取りのけて下さい」と祈りつつ、「しかし、全ては御心の 
ままに」と続けた。人を恐れ、肉の痛みを恐れそうになる 
弱い我々と同じ苦しみを受けられたイエスは、最後の最後 
で従うべき方、畏れるべき方が「父なる神」であることを 
明らかにしたのであった。
 また、イエスは、あるとき弟子たちに「からだを殺して 
も、魂を殺すことの出来ない者、つまり人間なんか恐れる 
な。むしろ、体も魂も地獄で滅ぼす力を持つお方、つまり 
神を畏れなさい」と言われた。それはその後の弟子たちの 
歩みが、決して前途洋々でなく、迫害や苦しみに遭うかも 
しれないことを知った上で「人間を恐れる必要はない」と 
言われたのだ。本当に恐れなければならない神を畏れるこ 
とは、他の何者をも恐れる必要がなくなる、ということで 
もある。この世に生きる以上、我々には多くの不安が付き 
まとう。先の見えない恐ろしさや恐怖が私たちの心を苦し 
めることも起こる。だが主イエスは、我々がもはや畏れる 
方は真の権威者ただ一人であることを示されたのである。

2019.6.23 礼拝予定

主 日 礼 拝  午前 10:30~
 
奏楽   岩 本 道 子
                 <神の招き>
招 詞  ローマの信徒への手紙121
*讃 詠  (21)83
*罪の告白と赦し 交読詩編1421節~8節b
*讃美歌  (21)12[1-3]
 
<神の言葉>
聖 書 イザヤ書486節~11節  (旧約P.1140
   ペトロの手紙一11節~12節(新約P.428
                            
祈 り                 伊木 美穂子                                                       
*讃美歌  (21)436
  教 「試練によって本物と証明される」     
                   三 輪 地 塩
                                                       
<神への応答>
*讃美歌  (21)459
*十 戒
 公 告
*献金感謝
*主の祈り (座席前そなえつけ)
*頌 栄  (21)46
*派遣と祝福

後 奏          

 
「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難な方は
お座りのままでどうぞ。
礼拝当番(今週)松谷、島口、越智、加藤ヨ
      (次週)三浦、薄田、菊地洋、菊池淑
掃除当番今週)菊地晴、松本、浜田、佐藤真
         加藤ヨ、板垣、草野 
    (次週)薄田、青木、志賀、越智、藤沢、加藤純

2019.06.23~29 今週の集会

今 週 の 集 会
 
祈祷題「会堂改修のため」
聖書の学びと祈りの会        27()10:00
  歴代誌下2章(担当 三輪地塩)   司会
*午前の祈祷会後、「慰安婦」問題「にゅうす」の発送作業をいたします。お手伝いできる方は、宜しくお願いします。

聖書の学びと祈りの会             27日()14:00
  使徒言行録1710節~15     担当
 
牧師予定】
浦和教職者会(インマヌエル浦和24()10001300
立教大学講義 25()、聖学院大学講義  an>26(水)
教会と聖学院との懇談会(聖学院大学)26()1030
『教会の神学』編集委員会(東京主僕)  27()1400
「講師と学生の懇談会」(神学校)    28()1300