2020.3.1 の礼拝案内

週 報 75巻9号 2020.3.1
イエスが枕もとに立って熱を叱りつけられると、熱は去り、彼女はすぐに起き上がって一同をもてなした。(ルカによる福音書4章39節)

主 日 礼 拝  午前 10:30
<レントⅠ>

奏楽 岩 本 道 子

<神の招き>
招 詞  ヨシュア1章5節

*讃 詠    546

*罪の告白と赦し 交読詩編15編1節~5節

*讃美歌   82

<神の言葉>
聖 書  詩編86編11節~17節  (旧約P.923)

ルカによる福音書4章38節~44節(新約P.109)

祈 り

*讃美歌   Ⅱ144

説  教   「人々はイエスに頼んだ」   三 輪 地 塩

<神への応答>
*讃美歌   Ⅱ195

*日本キリスト教会 信仰の告白

公 告

*献金感謝

*主の祈り (座席前そなえつけ)

*頌 栄   539

*派遣と祝福

*後 奏

「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難の方は

お座りのままでどうぞ。

**********************************************

礼拝当番 (今週) 松谷、薄田、入江、内村

(次週) 森﨑、岩本、大嶋、岡野

***********************************************

掃除当番 (今週) 薄田、青木、志賀洋、越智

加藤純、平野、白川

(次週) 河野武郎、安井英、大嶋

菊池、島口、齋藤

☆礼拝・掃除当番が困難な方は遠慮なくお申出ください。

2020.3.1 週報掲載のお知らせ

次 週 礼 拝

説教 「しかし、お言葉ですから」     三 輪 地 塩

ヨブ記42章1節~6節

ルカによる福音書5章1節~11節

讃美歌 545A、85、259、260B、540   加 藤 純 子

*次週は「合同礼拝」の予定を変更し、通常の礼拝を行ないます。(日曜学校礼拝も通常どおり行ないます)

 
【新型コロナウイルス感染の広がりに伴う主日礼拝・集会の措置】
① 3月~4月は、第一週目の聖餐式を控えます。感染拡大の状況によっては、イースター礼拝、ペンテコステ礼拝の聖餐式も控えることにします。

礼拝後のコイノニアと、38日の愛餐会(カレーライス)も見送ります。
礼拝前後の集会(入門の会、朝カフェ、洗礼準備会
(『教会員の生活』読書会)、壮年会、テモテ会の担当者は、しばらく開催を見送りにしてください。

④日曜学校教師会は大きな部屋で距離を空けて、30分以内。定期小会も同様に1時間以内で行ないます。

木曜祈祷会、午前午後ともにしばらく中止といたします。

 
*発熱や体調不良のために礼拝をお休みされる方は、浦和

教会HP・ブログに説教音声がアップされますのでお用いください。

2020.2.23~2020.2.29 今週の集会

      集 会

〇日曜学校                 9:00

〇「教会員の生活」による学びの会(休会)  9:30

〇朝カフェ(休会)             9:30

〇入門の会(休会)             9:45

〇クワイア練習               な  し

〇コイノニア                な  し

〇定期小会                    12:00

今 週 の 集 会

◎祈祷題「こどもとおとなの合同礼拝のため」

〇聖書の学びと祈りの会は、新型コロナウィルス対応のため

午前・午後とも4月まで休会とします。

 
【牧師予定】

〇2月~3月『中会議事資料』作成、第69回中会準備

2020.3.1 週報掲載の説教

<2019年6月2日説教から>

『イエスの復活』
マルコによる福音書16章1節~8節

牧師 三輪地塩

イエスの十字架を見届けた3人の女性たちは、夜が明けてすぐにイエスの墓へと向かった。墓の入り口を塞いでいたのは「非常に大きい」石であった。彼女たちが墓に着くと石は既に転がされており、「入口」が開けられていたと述べられる。「入口」と訳される「スュラス」というギリシャ語は、本来は、「門」「扉」の意味であり「出口」とも訳される。彼女たちは、墓の中に一人の若者がいるのを見つけた。彼は「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、 あの方は復活なさって、ここにはおられない」(6節)と伝えた。考えてみると、復活の主イエスは、必ずしも出入り口は必要ではない。ヨハネ福音書には、家の戸に鍵をかけて閉じこもっている弟子たち真ん中に復活の主が現れるという話があるように、復活のイエスは既に出入り口を超越した存在であった。

だがこれは「我々にとって」必要なことだった。出口が開かれたことに象徴されるのは、墓を遮る石が取り除かれていることが、目に見えるメッセージとして必要だったことにある。

あの朝、墓の「出口」が開かれた。墓の「入口」を開くことなら我々人間の力でも可能かもしれない。3人の女性たちも、大勢の協力者を呼んで来て人手を確保すれば簡単だったかもしれない。墓の入口を確保することはわけもなく出来るのだ。

だが「墓が出口となる」ことは人で云々の問題を超えてしまう。なぜなら「死から出てくる」ことは人間に不可能だからだ。

この出来事が我々に伝えるのは、復活のキリストは、「死からの出口」を開かれた、というメッセージがここにある。もはや人は死の中に閉じこめられる存在ではなったことを示唆するように、我々に目に見える形で、墓の石が転がされていたのである。我々は、人生を過ごす中で様々な苦難に出会う。良いことばかりではなく、挫折も経験する。恐れを感じ、失敗を怖がる。我々はいつも限界の中にいることを知っている。

だがあの朝、3人の女性たちは「出口」を見た。開かれた墓の出口。開かれた死の出口。開かれた救いの出口。まさにあの朝、3人の女性たちが目にしたのは、この出口が確かに開かれたという事実、キリストによって我々の閉じられた命が開かれた、という事実の示しであった。死の出口は開かれたのだ。

2020.2.23 の礼拝案内

週 報 75巻8号 2020.2.23
 
「ああ、ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」                                      (ルカによる福音書4章34節)

主 日 礼 拝  午前 10:30
奏楽  三 輪 志 都

<神の招き>
招 詞  ヨブ記19章25節

*讃 詠   (21)83

*罪の告白と赦し 交読詩編14編1節~7節

*讃美歌  (21)7〔1-3〕

<神の言葉>
聖 書  イザヤ書57章14節~21節(旧約P.1155)

ルカによる福音書4章31節~37節

(新約P.108)

祈 り     森 﨑 千 恵

*讃美歌  (21)466

説  教   「その言葉には権威がある」     三 輪 地 塩

<神への応答>
*讃美歌  (21)475

*十 戒

公 告

*献金感謝

*主の祈り (座席前そなえつけ)

*頌 栄  (21)46

*派遣と祝福

*後 奏

「*」の箇所は起立して行いますが、立つのが困難の方は

お座りのままでどうぞ。

***************************************************
礼拝当番 (今週) 松谷、新畑、石井ひ、板垣

(次週) 三浦、薄田、入江、内村

***************************************************

掃除当番 (今週) 松本、浜田、佐藤真、加藤ヨ

板垣、草野、古賀

(次週) 薄田、青木、志賀洋、越智

加藤純、平野、白川

☆礼拝・掃除当番が困難な方は遠慮なくお申出ください。

 

2020.2.23 週報掲載のお知らせ

次 週 礼 拝

< 聖 餐 式 >

説教 「人々はイエスに頼んだ」      三 輪 地 塩

詩編86編11節~17節

ルカによる福音書4章38節~44節

讃美歌 (21)83、3〔1-3〕、471、451、46    岩 本 道 子

 
日曜学校説教「悪魔の誘惑に打ち勝ったイエスさま」

岩 本 道 子

ルカによる福音書4章1〜13節

*****************************************************************************

【東京中会靖国神社問題特別委員会の今後のあり方を考える協議会】

日時・場所:2月24日(月・休) 14:00~16:00

「委員会の名称変更案と今後のあり方」を考える上記の会を横浜海岸教会で開催する予定でしたが、コロナウィルスの被害が広がり続けている状況を踏まえて検討の結果、今回の集会は中止することになりました。

***************************************************************

【新刊書のお知らせ】

題「殉教の記憶・記録・伝承」 (4200円+税)

著者 三輪地塩

2020.2.16~2020.2.22 今週の集会

      集 会

〇日曜学校                 9:00

〇「教会員の生活」による学びの会      9:30

〇朝カフェ(担当 松谷信司)        9:30

〇入門の会(担当 三浦勇二)        9:45

〇クワイア練習               礼 拝 後

〇コイノニア                礼 拝 後

〇日曜学校教師会                 礼 拝 後

今 週 の 集 会

◎祈祷題「中会議長・書記の健康が守られるため」

〇聖書の学びと祈りの会      27日(木)10:00

歴代誌下24章(担当 三輪地塩)  司会 増 田 裕 子

〇聖書の学びと祈りの会      27日(木)14:00

ヨブ記1章             担当 大 和 文 彦

【牧師予定】

〇2月~3月『中会議事資料』作成、第69回中会準備

2020.2.23 週報掲載の説教

<2019年5月26日説教から>

『アリマタヤのヨセフの奉仕』
マルコによる福音書15章42節~47節

牧師 三輪地塩

アリマタヤ出身のヨセフは「身分の高い議員」つまり「最高法院」メンバーあった。真夜中に秘密裏にイエス捕え、十字架刑に持ち込むために総督ピラトに引き渡した「あの」最高法院のメンバーであった。ヨセフはイエスの処刑に反対することはできなかった。自分の身の安全を考えたのだろう。マタイ福音書では彼のことを「アリマタヤ出身の金持ち」と述べ、ヨハネ福音書では「イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフ」と伝えている。ヨセフは地位も財産も持っていたユダヤの中心的な議員であった。その特権を取り上げられてしまう危険を冒してまでイエスを弁護することはできなかったのだろう。彼はイエスの十字架に表立って賛成はしなかったものの、「反対をしない」という「賛成」をしたのである。沈黙という是認である。

たが彼は「神の国の到来」を待ち望んでいた人であったとあり、イエス・キリストの救いを信じ、希望をもち、神の国を見据えて生きていた人物であった。しかし保身のためにイエスの保釈を主張できなかった。それゆえに彼は自分に失望していたと思われる。何も出来ず、尻込みする信仰。立場的に十字架回避を主張できたにもかかわらず、自分かわいさに負けてしまった、いわば「ヘタレの信仰」であった。

彼は、イエスの遺骸を前に、せめてもの償いを行なった。神の国に希望を持つ者として、「勇気を出して」「受け身にならず」「保身に走らず」、ピラトのところへ行き、遺体を渡してくれるようにと、評判が悪くなることを覚悟の上で、願い出たのであった。

トマス・ア・ケンピスの『キリストに倣いて』という本の中で、彼は次のように言う。

「今や、イエスの天国を慕う者は多くある。しかし彼の十字架を負う者は少ない。彼の慰めを求める者は多い。しかし彼の苦難を願う者は少ない。「私たちは皆、彼と共に喜ぶ事を願う。しかし彼のために多少でも苦しむ事を望む者は稀である。」

このとき、ヨセフは多少なりとも「苦しみを望んだ」と言える。自分の罪を省みて、自らの為すべきことを考え、自らの罪の赦しを求めつつ、キリストの死に、ほんの少しだけ関わった。