日本キリスト教会 浦和教会 主日礼拝 LIVE配信

視聴LIVE映像!  YouTube

日本キリスト教会 浦和教会 主日礼拝

6月16日から対面での礼拝を再開しています。

全国的に感染者数の増加が懸念され、

埼玉県でも「緊急事態宣言」

の適用が延長される状況を考慮し、

当面はオンライン礼拝の視聴を推奨いたします。

会堂へお越しの場合は、

ご自身の健康状態(基礎疾患等)に十分留意し

決して無理をなさいませんようお願い致します。

各自の責任のもとで慎重にご判断ください。

********************************

https://www.youtube.com/channel/UCy78jR5hKbp6fy1Wf1e2r-g/videos
下線部分をクリック!YouTubeに移動してLIVE映像が視聴できます。

主日礼拝   毎週 日曜日   10時30分~11時30分
*LIVE配信を視聴なされる方は、チャットのコメント欄に氏名と挨拶を
入れて投稿を視聴参加の確認のためお願いします。

NEW! 教会への献金について お知らせ

献金詳細 <-ここをクリック

本日とこれまでの礼拝録画映像を再度ご視聴なさりたい方は、

下記の 再視聴!に進んでください。

再視聴!   説教 録画映像
下記の下線のURLをクリックして下さい。

教会ブログの録画映像ページに移動して礼拝映像がご視聴できます。

 
http://www.urawa-church.or.jp/blog/category/sound/

**********************

What’s NEW!ここから最新の情報になります。

2021.11.28 主日礼拝録画映像

主日礼拝録画映像

2021年11月28日(日) 10時30分~

      スマホおよびPADでも視聴できます!
YouTube
 
URL;  https://youtu.be/4cfEVDUrqV8
 
 
浦和教会 礼拝ホール上記,下線の部分をクリックしてください。
YouTubeが立ち上がります。
      スマホおよびPADでも視聴できます!
************************************

2021.11.28 主日礼拝の案内
週 報 76 巻 48 号 2021.11.28
主 日 礼 拝   午前 10:30
<アドベントⅠ>
奏楽 加 藤 純 子

<神の招き>
招 詞 ローマ人への手紙 12章1節
*讃 詠  545A

聖書

ルカによる福音書1章26節~38節(P100)
イエスの誕生が予告される
26六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
27ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。 
28天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」 
29マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
30すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。 
31あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。 
32その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。 
33彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」 
34マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」 
35天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。 
36あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。 
37神にできないことは何一つない。」 
38マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。
日曜学校説教

「主イエス誕生の予告」      三 輪 地 塩

*讃美歌 354〔1-2〕

<神の言葉>
聖 書
申命記25章5節~6節    (旧約P. 319)
家名の存続
5兄弟が共に暮らしていて、そのうちの一人が子供を残さずに死んだならば、死んだ者の妻は家族以外の他の者に嫁いではならない。亡夫の兄弟が彼女のところに入り、めとって妻として、兄弟の義務を果たし、 
6彼女の産んだ長子に死んだ兄弟の名を継がせ、その名がイスラエルの中から絶えないようにしなければならない。
 
ルカによる福音書20章27節~40節(新約P.150)
復活についての問答
27さて、復活があることを否定するサドカイ派の人々が何人か近寄って来て、イエスに尋ねた。 
28「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだ場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない』と。 
29ところで、七人の兄弟がいました。長男が妻を迎えましたが、子がないまま死にました。 
30次男、 
31三男と次々にこの女を妻にしましたが、七人とも同じように子供を残さないで死にました。
32最後にその女も死にました。 
33すると復活の時、その女はだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしたのです。」 
34イエスは言われた。「この世の子らはめとったり嫁いだりするが、 
35次の世に入って死者の中から復活するのにふさわしいとされた人々は、めとることも嫁ぐこともない。 
36この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである。 
37死者が復活することは、モーセも『柴』の個所で、主をアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神と呼んで、示している。 
38神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである。」 
39そこで、律法学者の中には、「先生、立派なお答えです」と言う者もいた。 
40彼らは、もはや何もあえて尋ねようとはしなかった。
 
 祈 り          三 浦 勇 二

*讃美歌 90〔1-2〕

説  教 「死者の復活」   三 輪 地 塩

<神への応答>
*讃美歌 529〔1-2〕

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄 544

*後 奏

************************************

今こそ私たちの祈りを結集させ、主により頼みつつこの難局を乗り切りましょう。主の守りと支えとが、こ

2021.11.28 主日礼拝の案内

2021.11.28 主日礼拝の案内
週 報 76 巻 48 号 2021.11.28
イエスは言われた「この世の子らはめとったり嫁いだりするが、 次の世に入って死者の中から復活するのにふさわしいとされた人々は、めとることも嫁ぐこともない。 この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである。

(ルカによる福音書20章 34節~36節)

主 日 礼 拝   午前 10:30
<アドベントⅠ>
奏楽 加 藤 純 子

<神の招き>
招 詞 ローマ人への手紙 12章1節
*讃 詠  545A

聖書

ルカによる福音書1章26節~38節(P100)
イエスの誕生が予告される
26六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
27ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。 
28天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」 
29マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
30すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。 
31あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。 
32その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。 
33彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」 
34マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」 
35天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。 
36あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。 
37神にできないことは何一つない。」 
38マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。
日曜学校説教

「主イエス誕生の予告」      三 輪 地 塩

*讃美歌 354〔1-2〕

<神の言葉>
聖 書
申命記25章5節~6節    (旧約P. 319)
家名の存続
5兄弟が共に暮らしていて、そのうちの一人が子供を残さずに死んだならば、死んだ者の妻は家族以外の他の者に嫁いではならない。亡夫の兄弟が彼女のところに入り、めとって妻として、兄弟の義務を果たし、 
6彼女の産んだ長子に死んだ兄弟の名を継がせ、その名がイスラエルの中から絶えないようにしなければならない。
 
ルカによる福音書20章27節~40節(新約P.150)
復活についての問答
27さて、復活があることを否定するサドカイ派の人々が何人か近寄って来て、イエスに尋ねた。 
28「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだ場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない』と。 
29ところで、七人の兄弟がいました。長男が妻を迎えましたが、子がないまま死にました。 
30次男、 
31三男と次々にこの女を妻にしましたが、七人とも同じように子供を残さないで死にました。
32最後にその女も死にました。 
33すると復活の時、その女はだれの妻になるのでしょうか。七人ともその女を妻にしたのです。」 
34イエスは言われた。「この世の子らはめとったり嫁いだりするが、 
35次の世に入って死者の中から復活するのにふさわしいとされた人々は、めとることも嫁ぐこともない。 
36この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである。 
37死者が復活することは、モーセも『柴』の個所で、主をアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神と呼んで、示している。 
38神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである。」 
39そこで、律法学者の中には、「先生、立派なお答えです」と言う者もいた。 
40彼らは、もはや何もあえて尋ねようとはしなかった。
 
 祈 り          三 浦 勇 二

*讃美歌 90〔1-2〕

説  教 「死者の復活」   三 輪 地 塩

<神への応答>
*讃美歌 529〔1-2〕

公 告

*献金感謝

*主の祈り

*頌 栄 544

*後 奏

礼拝当番
(今週)森﨑千恵

(次週)伊木美穂子

献金当番
(今週)薄田東正

(次週)松谷信司

ライブ配信当番
(今週)新畑 信

(次週)小出 勝

 

2021.11.28~12.4 の集会案内

2021.11.28~12.4 の集会案内
      集 会
〇「教会員の生活」による学びの会 休 会

〇朝カフェ            休 会

〇入門の会            休 会

〇クワイア練習          中 止

〇コイノニア           中 止

〇1階の消毒(有志)       礼 拝 後

今 週 の 集 会
◎祈祷題「会堂改修のため」
〇聖書の学びと祈りの会 12月2日(木)10:00

ネヘミヤ記8章(担当 三輪地塩)     司会 板 垣 玲 子

※ラインで行います。

次 週 礼 拝
<アドベントⅡ・聖餐式>
説教
「ダビデの子」   三 輪 地 塩
詩篇110章1節~7節

ルカによる福音書20章41節~47節

讃美歌
545B、70 (1-2)、74(1-2)、122(1-2)、539

岩 本 道 子

 

2021.11.28 週報 教会からのお知らせ

2021.11.28 週報 教会からのお知らせ
8回臨時小会報告
11月14日(日) 礼拝後開催の「全員協議会」において

教会員から多くの意見があったことを小会は重く

受けとめ、協議した結果、従来通り「牧師の招聘」を

小会決議として進めて行くこととした。

 
71回大会報告

1.礼拝献金 教会・伝道所119  xxx,xxx

個人献金  xxx,xxx  合計   xxx,xxx

2.各種選挙

議長:有賀文彦(大垣教会)、書記:藤田英夫(大阪姫松教会)

常置委員:浅田忠敬(豊中中央・長老)、井上一雄(名東教会)

宮庄哲夫(吉田・長老)、久野真一郎(札幌琴似教会)

藤守義光(柏木・長老)

選考委員:渡部静子(宇都宮松原教会)、高松牧人(鶴見教会)

田部郁彦(西都教会)

3.大韓イエス教長老会(合同)と宣教協約を結ぶことに関する

建議案:承認

4.三輪牧師は大会歴史編纂委員に再選された。

 

2021.11.28 の週報掲載の説教

2021.11.28 の週報掲載の説教
<2021年6月21日の説教から>
ルカによる福音書6章46節~49節

『岩の上に土台を置いて』
                  牧師 三輪地塩

我々の生涯には、さながら洪水のような厳しい状況が襲い掛かる。それを「家」に譬えてイエスは語る。ユダヤの気候は日本とは異なり、長い夏と短い冬、つまり雨期と乾期の2つしかない。イスラエルは地中海岸沿いにあるが、砂漠地方の気候に属している。1日の温度差は激しく、時には真昼と真夜中で40℃の差があることも珍しくない。その分、雨の降り方も尋常ではない。年間降雨量はたった500mmであり、日本の約30分の1程度しかない。だがその雨が3月と10月に集中して降るため、すさまじい豪雨となり、数分で川をあふれさせる。最近の日本の豪雨災害を思い起こせばその凄まじさを幾らかでも想起できよう。もし土台がしっかりしてなければ、その氾濫した地域の家は、激流に一気に流されてしまう。このような背景を元にしてイエスは語る。「土台がしっかりした家は、揺り動かす事が出来なかった」「決して崩れない」。この豪雨を知っている聴衆は、イエスの確信ある言葉を力強く受け取ったことだろう。

我々の人生に起こる「洪水」もまた然り。氾濫して押し寄せる困難から免れ得ない。自らの足で立つ事が不可能と感じさせられる苦しみが幾度となく押し寄せる。だがその際にも、キリストを土台にするならば、岩の上に基礎を据えた者は、全てに耐えうる力を得られるとイエスは言う。揺るがない「キリスト」が土台である限り、我々も揺るがないのだ。

主を告白する我々は、日々御言葉に接し、御言葉と共に歩んでいることを、この箇所から再確認させられる。我々の教会では「日本キリスト教会信仰の告白」を制定し、これを告白している。この信仰告白は「暗唱」することが目的ではなく、内容や意味が理解され、信仰者の実生活に生かされるための告白である。信仰告白は「理解に」留まらず、生活の中で生かされる事が大切だ。同時に我々は、その告白内容をいつも吟味することが重要となる。イエス・キリストという基礎の上に固く据えられた岩の上の家ならば、例え洪水が押し寄せても、決して揺り動かされることはない。我々は、我々が基礎とするキリストと真剣に向き合っているか。土台であり基礎であるキリストの言葉に、我々自身が真摯に取り組んでいるか。その自己吟味が問われている。