NEW! 2022.6.26 の週報掲載の説教

<2022年5月29日の説教から>

ただ信仰によってのみ生きる

ローマの信徒への手紙1章16節~17節

牧師 鈴木 美津子

パウロにとって、キリストの福音は「救いをもたらす神の力」に

他ならない。人間が成し遂げることができない救いの道を、イエス・キリストが切り開いてくださったからである。しかも、この救いをもたらす神の力は、ユダヤ人だけでなく、ギリシア人をはじめとする異邦人すべてに与えられるものである。ただし、この救いに与ることができるのは、キリストの福音を信じる信仰のみによる。
信仰とは、この救いを受け取る手段である。どんなに救いの恵みを注がれたとしても、それを受け取る器がなければ、救いの恵みを受け取りようがないからである。その器となるものが信仰である。この信仰があるからこそ、ユダヤ人をはじめギリシア人にも救いがもたらされる。信仰がなければ、人はキリストの福音を愚かな言葉として退け、つまずきを与える教えとして、結局のところ、救いから自分を遠ざけてしまうからだ。
パウロは、この福音には神の義が啓示されているという。それは、罪人を裁く義だけではなく、私たち罪人を赦す義でもあり、それをただで受け取るものが信仰である。神の義は信仰に始まり信仰へと至る神の義である。なぜなら、人間が行いによって勝ち取ることのできない義を、キリストが身代わりとなって実現されたからである。

しかし、この信仰を通して実現される救いは、今まで耳にしたこともないような新しい教えではない。旧約聖書の預言者の口を通して、すでに告げ知らされている。旧約聖書ハバクク書2章には、「しかし、神に従う人は信仰によって生きる。」と告げられている。高慢な者は、主の言葉を信仰によって受け取ることはできない。しかし、神の言葉をただ信仰によって生きる人が、神の義を受けて救いに至るのである。

私たちは、今、約束された天の御国の途上にある旅人。「ただ信仰によってのみ生きる」私たちの辿り着く先には、先に召された愛する方々の笑顔がある。何よりも栄光のキリストが完全な姿で手を広げて待っておられるのである。

2022.6.12 の週報掲載の説教

2022.6.12 の週報掲載の説教

<2022年5月22日の説教から>

キリスト者の責任

ローマの信徒への手紙1章13節~15節

牧 師 鈴木美津子

 
「あなたには、借金がある」、といきなり言われたら、あなたはどうするだろうか。パウロは、この手紙の中で、自分には「果たすべき責任がある」、と言っている。実は、この「責任」という言葉が、大切で、これはもともと金銭上の負債、つまり借金をあらわす言葉であった。でも、あなたは、「これはパウロ自身の問題で、私には関係ない」と思うかもしれない。しかし、あなたがキリスト者であれば、それは大きな間違いである。あなたにも、借金がある、それも神様に対してあるのだ。

マタイ福音書18章21節以下には、主イエスの語る「仲間を許さない家来のたとえ」の中に「一万タラントンの借金をしている家来」が登場する。一タラントンは六千デナリオン。その当時の労働者の二十万年分の賃金である。つまり、一生かかっても決して返す事の出来ない借金である。ところが、この家来の債権者である王は、この家来を憐れに思って、その借金をすべて免除したのである。猶予ではなく、帳消し、もう返さなくてよい、ということである。そんなこと有り得ないと思うかもしれない。しかし、これこそ神様が主イエス・キリストの十字架によって、私たちに与えて下さった罪の赦しの恵み、救いである。

ところが、パウロはこれには続きがあるという。それが「わたしは、ギリシア人にも未開の人にも、知恵のある人にもない人にも、果たすべき責任」(14)がある、ということだ。全ての罪が赦され、全ての罪が帳消しにされたのと引き換えに、パウロに与えられた負債は「福音宣教」であった。そして、キリスト者である以上、私たちも同じである。私たちも罪を帳消しにされた時、福音宣教が新しい負債として与えられている。福音宣教に仕える、これが私たちの負債である。罪の負債が支払う報いは死であったが、福音宣教という負債によって約束される報いは永遠の命である。

今日、わたしたちが覚えたいことは、わたしたちも「すべての人に果たすべき責任がある」と表現されるほどに、神からの大きな恵みを頂いている者であるということである。私は喜んで、この責任を生涯負って行きたいと思う。皆さんも共にこの責任を負ってくださるだろうか。

2022.6.5 の週報掲載の説教

2022.6.5 の週報掲載の説教
<2022年5月15日の説教から>

『信仰によって互いに励まし合う』

ローマの信徒への手紙1章8-15節

牧 師 鈴木美津子

 
「励まし合いたい」という言葉は、「励ましを受けたい」とも訳すことができる。パウロは、「信仰によって、ローマの信徒たちと共に神から励ましを受けたい」、と願っている。要するに、パウロとローマの信徒たちを励ますのは、人ではなく、神であり、主イエスなのである。私たちは励まし合うとき、互いの中に、生きて働いておられる神の御業を目の当たりにして、共に神から励まされる。「励ます」という言葉は、「慰める」とも「力づける」とも訳される。私たちは主日の礼拝に集うことで、互いに与えられている信仰によって、共に励まされ、慰められ、力づけられるのである。

神は、一人一人に「賜物」を与えてくださっている。あなたの「賜物」で、誰かが助けられ、慰められ、励まされ、力を受ける。賜物は、自分のためではなく、ほかの人のために与えられているからである。信仰を持っている者が集まるとき、互いに神から与えられた賜物で励ましを受け合う。これがパウロのいう「霊の賜物」である。彼には、福音を宣べ伝え、福音を説き明かす賜物が与えられている。彼は、福音を豊かに説き明かす賜物で、ローマの信徒たちの力になりたいと記している。しかし、実際には、その奉仕を通して、パウロも豊かに励まされることができるし、また何よりもその励ましを彼自身が受ける必要があると知っていたからである。そうすることで、共に神からの励ましの恵みを受けることができるからである。

その恵みは、今の私たちにも与えられている。神は、その恵みを与えてくださるために、この浦和教会での交わりを私たちに与えてくださっている。コロナ感染拡大によって、いっとき分断されたが、再開後私たちは、その恵みの偉大さを思い知らされたのではないか。私たちは、この与えられた恵みにもっと感謝すべきである。そうすれば、私たちは、神からの慰めと励しと力を受けて、この教会から、周りへ、更にもっと外の世界へとその交わりを広げることができる。そうして、私たちの周りに神の恵みが満ち溢れ続けるのである。

2022.5.29 の週報掲載の説教

2022.5.29 の週報掲載の説教
<2022年5月8日の説教から>

 
『主イエス・キリストの福音』
ローマの信徒への手紙1章1~7節

 
牧 師 鈴木美津子

 
私たちにとって、「信仰」とは、心からキリストがなしてくださった出来事を自分のものとして受け容れることである。私たちの人生とっての真の福音とは、「旧約聖書に約束された罪の赦しとそれに基づく神との親しい交わりを、実現するために、御子はダビデの子孫として生まれ、私たちの罪を担って十字架の呪いの死を死んで、復活した」、主イエスによって実現した、この救いの出来事である。私たちはその救いの出来事を知るために聖書の言葉に耳を傾けるのである。

この福音が宣べ伝えられるところに、信仰によって従順に生きる道が開かれる。なぜなら、復活された主イエスは、今も天の父なる神の右に座しておられ、御名によって二人、または三人が集まるただ中にいてくださるからである。主イエスは、私たちの目には見えないけれど、聖霊と御言葉において臨在され、私たちに信仰を与え、主イエスに心から従う者としてくださる。

パウロは、この福音を宣べ伝え、御名を広め、すべての異邦人を信仰による従順へと導くために、恵みを受けて、特別な使徒とされたのである。そのパウロが、この福音を宣べ伝えることができるのは、御名において臨在される主イエスの働きを信じるからである。パウロの知恵や言葉が、すべての異邦人を信仰の従順に導くのではない。御名において臨在される主イエスが、すべての異邦人を信仰の従順に導かれる。

パウロは、「この異邦人の中に、イエス・キリストのものとなるように召されたあなたがたもいる」と記している。私たちもまた御名において臨在される主イエス、聖霊と御言葉において臨在される主イエスによって、信仰の従順へと導かれ、イエス・キリストのものとなったのである。主イエスを信じる者を、「キリスト者」と呼ぶが、私たちは、まさしくキリストのもの、僕である。私たち「キリスト者」は、主イエスを信じて、主なる神を父とし、主イエスにあってすべての罪を赦され、神との親しい交わりに生かされているのである。

この同じ神の約束を聖書から聞くことができることを喜びつつ、期待を持って、皆様と共にローマの信徒への手紙の学びを続けて行きたいと思う。

2022.5.22 の週報掲載の説教

2022.5.22 の週報掲載の説教

<2022年5月1日の説教から>

『神に選ばれ、召し出される』
ローマの信徒への手紙1章1-4節

牧 師 鈴木美津子

 
パウロは、キリストと出会う前にはキリスト者を迫害する者であった。それが、今や、キリストの福音のために神によって選ばれ、特別に召された「使徒」であることを確信している。実に、パウロの人生はキリスト者になった今のために、つまりあらゆる国の人々が、神を信じ、神の御心に従う歩みをするようになる証人となるために、神によって導かれたということである。それまでの彼の育ち、教育、経歴のすべては、彼が特別な使徒として奉仕するために、神が備えられた賜物だったのである。わたしたちの人生も、無秩序に営まれてきたかのように思われたとしても、決してそうではなく、それぞれが目的のある人生だということである。

では、特別な使徒であるパウロの宣べ伝える福音とは何か。それはキリストの福音である。この福音には、私たちの救いのため、また私たちを幸せにするために必要なすべてがある。私たちがキリストを信じることで、罪の赦しがあり、神との和解があり、義と認められ、そして永遠の生命・真の生命が与えられる。神の子となる特権が与えられ、真の自由が与えられる。永遠の御国が保証され、神と共に歩んでいくことができる。死から生命へ、暗闇から光へ、絶望から希望へ、悲しみから喜びへと導かれる。それらすべてが、福音を信じ受け入れた者への恵みなのである。

パウロがこの手紙を書いたのは、57年頃、第三回伝道旅行において、エフェソを追い出されるように出て、コリントに滞在していた三カ月の間といわれている。彼はここからローマ、更にはイスパニア(現在のスペイン)に伝道しようと計画していたが、その前に、エルサレムの貧しいキリスト者に、ギリシア各地で集めた献金を届けようと、彼の思いとは逆の方向へ出発しようとしていた。パウロは、取り急ぎ、ローマの教会へ挨拶の手紙を送り、御霊の賜物を分かち合いたい、互いに信仰によって励ましを受けたいとその熱心な思いを伝えようとしたのだ。ローマの教会はパウロによって建てた教会ではない。つまり、彼には少なくとも、事前に挨拶を送ると同時に、自分の素性を明らかにする必要があったので、自分の信ずるところを隠すことなく記している。私たちは、この手紙を読み進めて行くことで、自分の内面と向き合わされることになる。多くの人にとって、自分の心の内を見つめるのは苦手であろう。しかし、聖書は、自分の内面を見つめ、自分を知り、乗り越える苦しみを通してこそ成長すると教えている。これから、皆さんとこの手紙を読み進めることで、共に心の内面を見つめる旅路を歩みたいと思う。

2022.5.8 の週報掲載の説教

2022.5.8 の週報掲載の説教

<2022年4月24日の説教から>

ルカによる福音書24章1-12節

『あなたがたに平和があるように』

牧師 鈴木美津子

復活の主の手と脇腹には、十字架の時に受けられた傷跡がある。この傷跡は主イエスの私たちへの確かな愛を示す印である。私たちの罪を担って受けられた主の十字架の象徴であるからだ。

十字架の出来事以来、ユダヤ人たちの迫害を恐れて、息をひそめるように部屋に閉じこもっていた弟子たちの前に、復活の主イエスは忽然と現われ、「あなたがたに平和がありますように(19節)」、と言われた。その手と脇腹には、十字架で受けた傷跡があった。弟子たちは、驚愕したが、その姿と言葉で主の復活を信じた。

ところが、弟子のトマス一人だけが不在であった。「主イエスと自分も一緒に死ぬ覚悟だ」と大層な発言をしていた自分が、主の十字架を前に、逃げ出したことをずっと後悔していたトマスにとって、衝撃的な出来事でした。おそらく、「自分だけが取り残されてしまった。自分は主イエスに見捨てられてしまった」と思ったのだろう。傷心のトマスが言い放った「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」という言葉で、後々まで「疑い深いトマス」と言い伝えられるようになってしまった。しかし、本当にそうなのか。トマスの言葉は、彼の心の悲痛な叫びではなかったのか。

さて、復活の主は一週間後の日曜日に、トマスを含む弟子たちの前に再び現れた。トマスに自分が十字架で受けられた傷跡を示し、それを触って見るように言われた(27節)。もちろん、これはトマスが自分からそれを確かめなければ決して信じないと言ったことを受けた主イエスの行為である。しかし、私たちは、この示された傷跡こそが愛の印であることを忘れてはならない。主イエスは、トマスにご自身の愛を示されたのである。「自分はイエス様に見捨てられてしまったに違いない」と、苦しむトマスに主は「決してあなたを見捨ててはいない。そしてこれがあなたを愛している証拠だ」と傷跡を示されたのだ。

ところで、トマスは、主の傷跡に触れたのだろうか。聖書は彼が傷跡に直接触れたとは記していない。むしろ、トマスは主の愛に押し出されて、「わたしの主、わたしの神よ」(28節)と信仰を告白したである。

私たちは、弟子たちのように復活の主の姿をこの目で見ることはできない。しかし、主イエスは言われる。「見ないで信じるものは、幸いである」。