NEW! 2022.12.4 の週報掲載の説教

2022.12.4 の週報掲載の説教
<2022年10月16日日の説教から>

『一人の人アダムの罪と死』

ローマの信徒への手紙5章12節~14節

牧 師 鈴木 美津子

 
人類の罪の起源は、はじめの人アダムにある。彼は、神が「善悪の知識の木からは、決して食べてはならない(創2:17)」と、命じた掟に背き、禁じられていた木の実を食べてしまったことによって、罪と死に支配される者となった。

しかし、その罪と死の支配は、アダムだけにとどまらず、アダムの違反と同じような罪を犯さなかった者をも支配した。なぜなら、はじめの人アダムは、全人類の代表者として罪を犯したので、それ以降の人類は、生まれながらにアダムの罪を転嫁され、アダムと共に罪と死に支配される者となったのである。なぜなら、全人類はアダムと一つであり、アダムと共に罪を犯したと見做されるゆえである。アダムの罪は彼が代表した者たちすべてに転嫁され、それゆえにその罪の罰もまた死も全人類のものとなったのである。

ところが、パウロは、「実に、アダムは来たるべき方を前もって表す者(14)」であると、記す。彼は、これまで、イエス・キリストを信じる信仰によって、人は神の御前に義とされることを語ってきた。自分で律法を守ることによってではなくて、イエス・キリストを信じる信仰によってのみ人は義とされる、と語ってきた。これは考え方によっては甚だ虫の良い話である。罪のない御方であり、何一つ罪を犯さなかったイエス・キリストが、神の御前に義とされるのはもっともであるが、そのイエス・キリストをただ信じるだけで私たちまでもが義とされるとは一体どういうことなのか。

しかし、パウロは、アダムとあなたたちとの関係を考えてみよと言う。あなたたちは、アダムの違反と同じような罪を犯したわけではない。しかし、あなたたちのうえに厳然たる事実として死は支配しているではないか。そうであれば、来たるべき方であるイエス・キリストの場合も同じである。人類の代表者であるアダムによって、私たちが罪と死の支配に置かれていたように、今や私たちは、人類の代表者としてのイエス・キリストによって、義と生命の支配に生かされているのである、とパウロは語るのである。

2022.11.27 の週報掲載の説教

2022.11.27 の週報掲載の説教
<2022年10月9日の説教から>

『キリストを通して与えられた神との平和』
ローマの信徒への手紙5章6-11節

牧 師 鈴木美津子

 
私たちは、主イエス・キリストの十字架の死と復活によって神との平和を与えられた。そして、私たちは神と和解し、神の前に立つことが赦されている。そればかりでなく、私たちのために今や和解を成り立たせてくださった私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を誇りとしている。

5章の冒頭で、「私たちは、信仰によって義と認められたゆえに、神との平和を得て、神の栄光の希望を誇る」と語ったパウロは、5章の終りには、私たちが神の栄光の希望を誇るにとどまらず、「神ご自身を誇る」と語っている。

「誇る」とは、「喜ぶ」とも訳される。その意味は、「満ちあふれるほどの喜び」である。平和の中にあり、恵みの領域の中にある私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいる。神の栄光を喜んでいる私たちは、試練のただ中でも喜ぶ。そして、最後に私たちは神ご自身を大いに喜ぶのである。大いに誇るのである。

私たちは、神がただ何か与えてくださるから、ただ助けてくれるから喜ぶのではない。神の救いの偉大さに思いを馳せ、神が与えてくださるものを大いに喜ぶ。神が常にともにいてくださることを大いに喜ぶ。そして、私たちは、神ご自身を大いに喜ぶ。神を求め、神を知り、その神ご自身を喜ぶのである。神ご自身を喜ぶのが本当に成長したクリスチャンの信仰だということである。

私たちが、神ご自身に目を留めて歩むのであれば、私たちの喜びはますます大きくなり、溢れ出し、そして深くなる。私たちが、真に主イエス・キリストに目を留めて歩むのであれば、喜ばないではいられなくなる。これほど偉大で素晴らしい神が、私のような小さな者を愛してくださったのだ。主イエス・キリストが私と共に歩んでおられる。それを真に知るとき、私たちは喜ばずにはいられない。

それだけでなく、わたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちは神を誇りとしています。今やこのキリストを通して和解させていただいたからです(11)」。そうであるからこそ、私たちは、天に召されるその日まで、その人生の全てにおいて神ご自身を誇り、喜んで歩むのである。

2022.11.13 の週報掲載の説教

2022.11.13 の週報掲載の説教
2022102日の説教から>
『苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を』
ローマの信徒への手紙5章1節~5節      牧 師 鈴木美津子
 
わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを(3-4)」。ここには、キリスト教の特色が色濃く表現されていて、苦難に対する積極的な関りが示されている。特に、今の時代においては、この世は苦難を極度に嫌い、消極的に対応する傾向がある。しかし、そうした場合、苦難は苦難で終わってしまう。苦難から、逃げても、つぶやいても、苦難は苦難のままだからである。

ところが、キリスト者にとっての、苦難は苦難のままではない。苦難は、忍耐を生み、練達を生み、希望を生み出す、というように変化しながら進展するからだ。キリスト者の苦難から始まるゴールは希望だからである。

ところで、私たちは、このキリスト者の希望に対して「真にその通り」と、言えるだろうか。「理想論やきれいごと」と、感じてしまうことはないだろうか。実際、普段私たちが抱きやすい感情とこの希望とは大きくかけ離れているからだ。

しかし、そうではない。「希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているから(5)」である。

注がれている」とは、「これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である(マタイ26:28)」の「流される」と同じ言葉である。まさにキリストの十字架の血の述語である。「神の愛がわたしたちの心に注がれている」とは、私たちの罪のために豊かに溢れて流されたキリストの十字架の血が、今も同じ聖霊の愛によって私たちに注がれている、ということである。

「希望はわたしたちを欺くことがない」、それは御子イエス・キリストが十字架で死なれた歴史的事実ゆえである。この希望は、どんなに私たちの感情とかけ離れていても、キリストの十字架の愛のゆえに、失望に終わることがない。このキリストの十字架を超える恩恵はどこにもない。キリストが十字架で死なれた以上、私たちに与えられないものは何もない。だから、私たちは、「希望は欺くことがない」と、苦難の多いこの世にあって、御国に向かって前進することができるのである。

2022.11.6 の週報掲載の説教

2022.11.6 の週報掲載の説教

2022925日の説教から>
『希望に反して望みを抱く』
ローマの信徒への手紙4章17節~25節

牧 師 鈴木美津子

 
「信仰の父」と崇められるアブラハムではあるが、聖書の記録によれば、約束の長子イサクが生まれる直前まで、不信仰な姿を晒している。アブラハムは、神に召命をいただいた75歳の時、エジプト人を恐れ、自分の命を守るために、不信仰にも妻であるサラをエジプトの王ファラオに差し出している。しかし、99歳になったアブラハムは、この20年前と全く同じ過ちを繰り返しているのだ。ゲラルに滞在していたとき、アブラハムは妻サラのことを、またもや「これはわたしの妹」と嘘を言ったので、ゲラルの王アビメレクはサラを召し入れたのだった。

しかし、実に、その不信仰の極みで、約束の長子イサクが与えられたのだった。アブラハムが不信仰であっても、契約違反を重ねても、神は真実で、約束を守られる方である。それを確かに御言葉は証明している。結局、この神の真実が、アブラハムに信仰を与えただけでなく、彼の信仰を確立し、導き守ったのである。つまり、パウロが「彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく」、と語る時も、アブラハムが不信仰に陥っていたこともあったということである。

しかし、不信仰の只中にあったとしても、神は真実なお方で約束を守られたのである。

確かにアブラハムは、愚直に神に従った。彼はその点においては信仰の父である。しかし、その信仰に全く疑いがなかったということではない。むしろ疑えなかったということだ。たとえ不信仰な者であっても、疑えないほどに神は真実である。そのことを聖書は証ししているのだ。つまり、「不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく(20)」と、いう言葉において、アブラハムの傷だらけの信仰生活が脈打っているのだ。2度も3度も同じ偽りと同じ罪を繰り返すアブラハムは、自分の弱さをよく知っていた。だから、神に頼るほかなかった。私たちもそうではないか。私たちもアブラハムと同様に、同じ罪ばかりを繰り返し犯す者ではないか。まさに、そこに私たちのそれぞれの弱さがあるのだ。

それでも尚、私たちの神は、悔い改めて立ち帰る時、赦してくださる。だから、私たち罪人は神に頼るほかないのだ。そうである以上、失敗の数とか、今の自分の姿であるとか、そのようなものは問題ではない。大切なことは、その惨めな自分の姿を認めて、徹底的に悔い改めることである。

2022.10.30 の週報掲載の説教

2022.10.30 の週報掲載の説教
2022918日の説教から>
『神の約束』
ローマの信徒への手紙4章13節~17節

牧 師 鈴木美津子

 
信仰義認とは、簡潔に言えばキリストを信じる信仰によって義と認められることで、神の法廷での無罪宣告に他ならない。しかし、それだけではない。信仰義認は、この世の論理の中に閉じ込められるような小さなものではないからだ。キリスト者には、信仰によって義と認められた以上、神の子とされ、永遠の命が約束される。それどころか神の国のあらゆる特権と富とが約束されているのである。その恵みは満ち溢れ続け、尽きることがない。

そのことが、「世界を受け継がせる」、という約束に要約されている。この「受け継がせる」、という約束は私たち人間が自分たちの意志や決意で受け継ぐ、という意味ではない。人間の意志とは無関係に下される神の決定である。だから、「世界を受け継がせることを約束された」、とは聖書的には、「世界を受け継がせることを命じられた」、ということである。神は、私たちにその素晴らしいご自身の御国を、全ての財産を、そして永遠の命を「受けよ」と命じられている。なんと、身に余る言葉、恩恵ではないか。「この私のような愚かな罪人が、どうして、そのようなものをいただけましょうか」、と額ずくのが精一杯である。しかし、その私たちに恵みの世継ぎが命じられる。「受けよ」。このことが、イエス・キリストの十字架で確かに真実であると示されたのである。神の御子イエス・キリストが十字架で死なれるほどに、罪にまみれ、汚れたこの私を愛してくださった、そうである以上、神が私たちにくださらないものは、もはや何も残っていない。ここに神の恩恵の全てがある。

ローマの信徒への手紙は、すでに3章で、その中心的真理である信仰義認の真理が示されたが、実はそこからが重要なのだ。信仰義認の真理から流れ出る恩恵と愛とが、あちらこちらに散りばめられているからである。この手紙は、まさにキリスト者である私たちへの「愛の手紙」ではないのか。その神の恩恵と愛は、今まだ序章にすぎない。これからが本編である。このことがこの手紙がルターを始め多くの人々に愛されてきた所以である。

自分の愚かさを嘆いたり、救いに不安を感じたりする時、実は私たちはまだキリストの愛をよくわかっていない。主なる神は、罪人である私たちに、救われよ、神の国を受けよ、と命じておられる。

2022.10.23 の週報掲載の説教

2022.10.23 の週報掲載の説教
2022911日の説教から>
アブラハムと割礼
ローマの信徒への手紙4章9節~12節

牧 師 鈴木美津子

 
更にまた、彼は割礼を受けた者の父、すなわち、単に割礼を受けているだけでなく、わたしたちの父アブラハムが割礼以前に持っていた信仰の模範に従う人々の父ともなったのです(12)」。

ユダヤ人が信仰の父と敬い、異邦人とは縁もゆかりもないと思って疑わなかったアブラハムこそが、その原点において無割礼の異邦人であり、また異邦人が神の民にされる恩恵の先がけであった。パウロは、信仰が、割礼の民イスラエル、そして無割礼の異邦人を結び付けて、神の民を形成するのだと、言っているのである。信仰義認こそが、全世界に普くおびただしい信徒の群れとなる神の民を形成する原理であり力である、ということである。

そして、その信仰によって義と認められる、その契約のしるしが旧約の時代では割礼であったが、新約の時代には洗礼に代わったのである。

大切なことは、旧約時代の割礼であっても、新約時代の洗礼であっても、それは神の契約のしるしであり、それ自体に人を救う機能はなく、救いが保証されるというようなものではない、ということである。その源泉にある神の契約にこそ罪人の救いがある。神の契約とは、滅ぶべき罪人を救い出すために、神の一方的なへりくだりと恩恵によって与えられた救いの約束であり、主イエス・キリストの十字架の死と復活によって、神が与えて下さるものである。その全き幸いが、「洗礼というしるし」によって、私たちに刻みつけられる。洗礼を受けることによって私たちは、神の恵みによる罪の赦しが自分に与えられていることを確信して、その幸いの中で生きる者となるのだ。

そして、週ごとの礼拝を通して、また毎月の聖餐にあずかりつつ、アブラハムに与えられた、「行いによらずに神から義と認められた人の幸い」を、私たちの心と体に刻みつけ、生きるのである。 また、そのような者の群れとして、共に励まし合いながら、生きることである。

人間を罪から救うことのできるのは、十字架の主イエス・キリストのみである。私たちに与えられる洗礼は、この十字架のしるしであり、十字架のイエス・キリストの割礼である。