2017年1月29日の説教から

 
 
 

      <129日の説教から>
        ゴルゴタにて
    ヨハネによる福音書1916b27
                 牧師 三輪地塩
 「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と十字架の上に罪状書きされた言葉
(文字)が重要である。これはラテン語では
IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」であり、頭文字4つを取って
INRI」となる。イエスの十字架を描く絵画や映画などでは、こう書かれた
看板が掲げられるのを目にするだろう。「ナザレのイエス」は、当時沢山いた
「イエス」という名に、町の名「ナザレ」を付け、バラバ・イエスでも
バル・イエスでもなく十字架に掛かったのは「ナザレのイエス」であると
 個人を特定をしている。「ユダヤ人の王」とはイザヤ書53章の「主の僕」を
想起させる弱々しさの象徴である。
しかしヨハネ福音書は、ラテン語以外にギリシャ語とヘブライ語の表記も
掲げられていたとしており、これは実は大変重要である。
ギリシャ語では
ησος Ναζωραος Bασιλες τν ουδαίων
(イエスース・ホ・ナゾーライオス・ホ・バシレウス・トーン・イウーダイオーン)と書かれていたと
思われる。注目すべきはヘブライ語であり、恐らく、
ישוע הנצרי מלך היהודים
(イェシュアー・ハー・ノツリー・ウーメレク・ハー・イフーディーム) と書かれていたと
考えられる。イェシュアーの頭文字はアルファベットで「Y」に相当し、
「ハーノツリー」は「H」、「ウーメレク」は「W」、
「ハーイフーディーム」の頭文字は「H」に相当する。
これらを合わせると「YHWH」となり、読み方は「ヤハウェ」=「主」
となる。主イエス・キリストの「主」「Lord」である。つまり、ラテン語で
INRI」と書かれていたあの罪状書きは、キリストの弱々しい姿の象徴であ
り、無残な姿を象徴するものであったが、これをヘブライ語にすると、
口に出して読む事さえも躊躇われるほどの聖なる呼び名「YHWH
(ヤハウェ)を表し、この十字架の人が「弱々しく捨ておかれる犯罪者」
ではなく「主にして聖である、メシア(キリスト)なのだ」と言い表わして
いるのである。この「主なる方」によって救いは到来したのである。
 

2017.05.28~06.03 今週の集会

       今 週 の 集 会
 ◎祈祷題「ペンテコステのため」「信仰の継承と伝道のため」
日本軍「慰安婦」問題と取り組む会(荻窪北)29日(月)13:00
聖書の学びと祈り                 1日(木)10:00
   列王記上5章(担当 三輪地塩)      司会 増田裕子
生と死の学び 
   三浦綾子著「泉への招待」③  同上後  担当 室橋明子
     泉への招待
       ・狭き門より入れ
       ・一日の苦労は一日にて足れり、
       ・何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ
       ・おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい
       ・あなたの隣り人を愛しなさい
      関心のある方はどなたでもどうぞお出かけください
聖書の学びと祈り                1日(木)14:00
   Ⅱテモテへの手紙3章10節~17節    担当 大月美智子
  

2017.05.28 主日礼拝予定

2017.05.28
       主 日 礼 拝   午前  10:30
      
                          奏楽  田 端 誠 治 
<神の招き>
 招 詞  ローマの信徒への手紙12章1節
*讃 詠  (21)83
*罪の告白と赦し  交読詩編38編16節~23節
*讃美歌  (21)13(1-3)
<神の言葉>
 聖 書  詩編 17節1節b~5節 (旧約P.1238)
       フィリピの信徒への手紙1章19節~26節(新約P.362)
 祈 り                           松 谷 信 司
*讃美歌  (21)578
 説 教  「生きるとはキリストである」
                           三 輪 地 塩
<神への応答>
*讃美歌  (21)518
*十 戒
 公 告
*献金感謝
*主の祈り
*頌 栄  (21)46
*派遣と祝福
*後 奏
 

2017.05.21~05.27 今週の集会


今 週 の 集 会
 祈祷題「教会から長く離れている方々のため」
       「未陪餐会員のため」

 聖書の学びと祈り       25日(木)10:00
   列王記上4章(担当 三輪地塩)  司会 松本京子

 聖書の学びと祈り       25日(木)14:00
   ローマの信徒への手紙6章1節~14節 
                        担当 大和文彦

 タビタの会・共助金庫協同機関紙発送 (夙川)
                     24日(水)