2020.3.22 週報掲載のお知らせ

次 週 礼 拝

<レントⅤ>

説教 「罪人を招く」           三 輪 地 塩

詩編110編1節~7節

ルカによる福音書5章27節~32節

讃美歌 545A、88、Ⅱ185、139、543  加 藤 純 子

 
日曜学校説教

29日まで休校です。
◇1階でも同時にスクリーン礼拝を行なっています。

未経験の方はぜひお試しください。新型コロナウイルス

感染対応のためにも、間隔をとってお座りください。

 
【第69回定期中会報告】

3月19日(木) 柏木教会にて開催

①  出席者:正議員 69名中62名 員外議員 7名

②  献金:¥           (各教会、伝道所から)

席上献金               合計:

③ 議長、書記、常置委員、選考委員は選挙を行わず前年

の議長、書記、委員がそのまま1年継続するとの提案を

承認した。

④「靖国神社問題特別委員」の名称を変える件については

時間をかけて協議することにした。

⑤ 三輪地塩牧師は中会書記を継続、安井国雄長老は中会

伝道局委員を継続する。

2020.3.22~2020.3.28 今週の集会

      集 会

〇日曜学校             3月29日まで休校

〇「教会員の生活」による学びの会      休  会

〇朝カフェ                 休  会

〇入門の会                 休  会

〇クワイア練習               中  止

〇コイノニア                中  止

 
今 週 の 集 会

◎祈祷題「浦和教会会堂改修のため」

〇聖書の学びと祈りの会は、新型コロナウィルス対応のため

午前・午後とも4月まで休会とします。

2020.3.22 週報掲載の説教

<2019年6月16日説教から>

天に上げられ、神の右に座した
マルコによる福音書1614節~20
              牧師 三輪地塩

イエスは、弟子たちに「福音を宣べ伝えよ」と語り、その後「天に上げられた」と聖書は伝える。再臨がまだ起こっていない以上、イエスについての地上の最後の行為が「昇天」なのだが、そもそも主イエスは、なぜ昇天する必要があったのだろうか。「キリストの昇天」が我々にとって、どんな恵みとなるのだろうか。マルコ福音書の最後を締めくくるにあたって、そのことを考えたい。

20世紀チューリッヒの神学者エミール・ブルンナーは、「キリストの昇天は神学的に意味はあまりない」と説く。彼は、可視的出来事としてのキリストの昇天は、パウロの神学にはないため(パウロ神学の傾向を強く受けている新約聖書全体にとって)これは教理の基礎とは考えられてはおらず、すなわち神学的にはあまり意味がない、というのである。

だが、バーゼル大学の神学者カール・バルトは、正反対の見解を述べる。「キリストの昇天は、キリストの復活後の最後の顕現の場面である。そしてキリストの栄光が最後に現われたことを意味し、キリストが直接人々と関係する時期が終わり、教会を通し、間接的に世界に働く中間期間に変化する『救済史の転換点』である」と考えた。そこからバルトは、「キリストの高挙」という独自の神学を展開したという。

バルトの理解を簡単に言うと、「神の言葉は、教会に託されている」ということである。教会は、御言葉が語られ、教会員との交わりがあり、救いが最も端的に語られる場所である。しかし同時に、教会は人間の集まりである以上、「罪」の存在である。しかし「この罪ある場所にこそ」キリストが御言葉を託されたことが重要なのだ、と説く。

ここから考えると、我々が昇天を待ち望むことにも、深い意味がある。この世には様々な問題があり、完全なものではない。信仰者である我々も罪ある存在でしかない。だがこのような存在にさえも「神の国を待ち望むことができる」のである。つまり不完全であり罪深いこの世は、神の期待と、神からの希望を持って生きることが出来るというのである。それが「キリストの昇天の意味である。主は我々に託し、我々に期待された。神の期待に応えるべく、聖化されて歩みたい。

2020.3.15 主日礼拝 配信

主 日 礼 拝  2020年3月15日  午前10:30

〈レントⅢ

緊急配信<YouTube 録画映像 音声付き>

      スマホおよびPADでも視聴できます!
YouTube
https://youtu.be/FynTVG-EJFQ
上記,下線の部分をクリックしてください。YouTubeが立ち上がります、
まだ、テスト段階なので不備がありますがご視聴ください。

nikki浦和教会の教会員の方で視聴された方は下記のメールアドレス(nikki浦和教会執事会)deacon.urawachurch@gmail.com  にタイトル「視聴しました。」として送信をお願いいたします。礼拝視聴者の方の人数確認と、メール登録をさせていただきます。本文にご氏名のご提示もお願いいたします。

<音声のみ>礼拝全体の録音になっています。


<神の招き>
招 詞  ヨシュア記1章5節
*讃 詠    545B
*罪の告白と赦し 交読詩編17編6節~12節
*讃美歌   86
<神の言葉>
聖 書  レビ記14章1節~9節  (旧約P.182)
ルカによる福音書5章12節~16節(新約P.110)
祈 り
*讃美歌   249
説  教   「主よ、御心ならば」     三 輪 地 塩
<神への応答>                     
*讃美歌   257
*日本キリスト教会 信仰の告白
公 告
*献金感謝
*主の祈り (座席前そなえつけ)
*頌 栄   541
*派遣と祝福
*後 奏40