【2021年1月定期小会報】

【2021年1月定期小会報

<主な決議事項・協議事項>
1.一都三県に出された緊急事態宣言を受けて

教会員に十分注意を促した上で、対面礼拝を継続する。

なお、自宅でのオンライン礼拝に切り替えやすいように、

教会の奉仕者を以下のように少なくする。

①受付を1名で行なう。長老・執事ともに、少しでも不安感

があれば、自宅礼拝に切り替える。

②長老が担当している講壇の祈祷・聖書朗読を牧師三輪地塩

が行う。

③1月17日(日)から、1か月ほど日曜学校礼拝を休止する。状況を判断して再開する。

2.午前、午後の祈祷会は、1月14日(木)まで対面で行い、

それ以降はLINEに切り替える。14日の祈祷会後に打合せ。

3.献金は現行通りとする。維持献金のお願いを呼び掛ける。

4.教会総会(1/31)については、以下の要領で開催する。

1)礼拝後直ちに1階で開催し、点呼、祈祷後、讃美歌なしで長老・執事選挙に入る。

2)報告は事前に各自議事録を読んでおき、質問・意見を

受ける。

5.現住陪餐会員の確定 男13名、女41名、計54名

6.2021年長老・執事候補を以下のように確定

①長老候補者:伊木美穂子、三浦勇二、森﨑千恵

②執事候補者:岩本道子、菊地晴子、小出勝、島口裕香、

新畑信、薄田東正、野田昭子、済陽高志

7.納骨の件

①故森川清の長女森川淑子(教会員鈴木惠子の姉)の浦和教会

墓地への納骨願を承認した。

②福永京子の納骨式を1月24日(日)14:30~に変更した。

8.玄関ドアのシーリング(鍵穴)を早急に交換する。

9.クリスマス礼拝・祝会のふりかえり

出席者は例年のおよそ半数の65名であったが、出来る範囲内での恵まれた礼拝・祝会を開催することができた。

10.会堂整備・防災委員会の2021年予定について、防火・防災管理者小出勝から説明を受けた。執事会で仕事を分担。

11.総会資料について確認・協議した。

<教情報告12月>
礼拝出席者:53名(ライブ配信17名)、陪餐者52名

祈祷会出席者午前:13名(ライン6名)

同   午後: 4名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。